肘の痛みとテニス肘・野球肘・ゴルフ肘

肘は腕全体の中央部分に位置しており、腕を上げる時、あるいは手を使うとき時などの手や腕の運動動作の中継地点であると言えます。

肘関節は、特に肩関節と手首の手根関節との協調運動により、複雑である日常生活上の手の動作を支えている役目を担っていますので、肘の痛みは日常生活に支障を来してしまいます。

肘サポーターを着用している姿を様々なスポーツ競技でよく見受けられますのは、肘を痛めて肘関節痛の症状で悩んでいる選手が如何に多いということを表しているでしょう。

肘関節の痛みをテニス肘・野球肘・ゴルフ肘と固有スポーツ名をつけて表現しています。「テニスラケットを振る」「野球バットを振ったり、野球ボールを投げる」「ゴルフクラブを振る」などの動作を繰り返しているうちに肘の痛みをおぼえるようになってしまったということでしょう。

ボールを投げたり、テニスラケット・野球バット・ゴルフクラブなどの道具を操作する時に、を支点として手首から指へと続く上肢帯の連携運動の中継地点にあたるのが肘であり、投げる角度、あるいはテニスラケット・野球バット・ゴルフクラブなどの道具の振る角度のコントロールを担っているのが肘関節です。

そのような動作時にはインパクトの瞬間の直前までためを作って肘はしなり、捻じれや肘関節の伸展などでかなりの力が作用するポイントだと言えます。

野球肘は投球動作によって起こる肘の障害を総称としての病名ですが、特に投手は野球ボールを投げる頻度が圧倒的に多いのとボールスピードとボールのコントロールで肘に負担をかけているから野球肘になりやすいのだと思われます。

スポーツ選手全員が肘の痛みで苦しんでいるわけではありませんから、怪我をして肘を痛めている場合は別として、体のゆがみが体のバランスを狂わせて肘に負担を強いて、練習や試合に臨んでいるうちに肘が痛くてたまらなくなったというのが現状でしょう。

肘関節の位置異常で、将来において肘の痛みを招きやすい状況になっている体の状態を以下に示しておきます。

(1) 手の長さに差がある

(2) 小指側の手首の突起(尺骨茎状突起)の膨らみ方に左右差がある

(3) いかり肩である

(4) 肩の高さの左右差がおおきい

(5) 肩巾の左右差が大きい

(6) 鎖骨の形に左右差がある

(7) 肘や肩がポキポキとクリック音がする

(8) 肩こりがひどい

(9) 顎関節症がある

(10) 腱鞘炎で悩んでいる

体のゆがみによるバランス不均衡があるままスポーツなどで肘の酷使を続けるうちに肘に負担がかかって肘の痛みに悩んでいるのですから、肘だけの対症療法では「木を見て森を見ず」の例えと同じで、予後は芳しくないはずです。

上部頸椎矯正は、自然修復力の働きにより、全身のバランスが整いながら肘関節のゆがみをも軽減させることになり、肘関節痛の改善にもつばがるのです。

上部頸椎矯正の自然修復力整体作用は肘関節痛の改善につながります。

 
     
 

ずっしりと重い
手と腕の痛み

腕の痛み部位は肩関節痛・肘関節痛・手首関節痛が多いです。

手と腕の痛みの仕組み

股関節と膝から
続く足首の痛み

股関節痛・膝関節痛・足関節痛に、足の痛みが出やすいです。

足の痛みを表した、イラスト