腱鞘炎は、頚椎のゆがみを疑ってみるべきです。

腱鞘炎は文字通り、腱の鞘に炎症を伴っている症状なのです。
そこに、炎症が起きているという意味で「腱鞘炎」と病名が付けられているのです。
パイプに細い棒が通るようなかたちで、鞘の中を腱が通って腱につながっている筋肉を収縮あるいは伸展させて、関節を動かす役目が腱鞘なのです。

腱鞘の中を通る腱が腱鞘内をスムースに動かなくなって指の動きを制限して痛みを覚えます。


◆ バネ指の症状

腱鞘の中で腱が引っ掛かって、跳ねるような動きをしているのが、バネ指です。親指(拇指)に発症することが多いようです。

指の曲げ伸ばしは屈筋と伸筋によりなされています。
複雑で強靭な指の動きを可能にするために腱鞘の中を通って腱と筋肉が連結しています。

腱鞘の中には、滑液が潤滑油の役目を果たして腱を滑り易くしています。

手の指のゆがみや手首のゆがみがあると、関節にある腱鞘の中が狭くなり腱鞘の中を通る腱がスムースに動かなくなります。

これで、腱鞘炎やバネ指の症状である、指の痛みに悩むことになってしまうのです。

このような場合には、「狭窄性腱鞘炎」と診断されることがあります。
ドゥケルバン腱鞘炎(拇指腱鞘炎)が、伸筋腱(指を伸ばす腱)の代表です。
バネ指が屈筋腱(指を曲げる腱)の代表的な狭窄性腱鞘炎になります。

マウス腱鞘炎と、キーボード腱鞘炎がとても増えています。
マウスクリックやキーボードの操作の手指の使い過ぎです。
ここ近年において腱鞘炎は増加の一途をたどっています。


■ 腱鞘炎と一緒に、現れやすい症状

(1) 肩こり

(2) 首の痛み

(3) 腕のしびれ・手のしびれ

(4) 腕が上がらない(四十肩・五十肩)

(5) 手の冷え

(6) 手の多汗症

(7) 腕の筋肉の痙攣(けいれん)

(8) 腕の筋肉がつる

(9) 腕の筋肉痛

(10) 肩や肘が硬い

(11) 変形性肩関節症

(12) 変形性肘関節症

(13) バネ指

(14) 正中神経麻痺(手根管症候群


■ 背骨のゆがみが、腱鞘炎の原因

背骨の部分頸椎と腱鞘炎は密接な関係があります。
頸椎には、脊髄神経から腕神経叢(わんしんけいそう)と名づけられている神経が7本ある頚椎のうちの、4番目から下の頚椎の両脇から手指に向かって流れています。

頸椎のゆがみによる神経を圧迫して、腕神経叢の肩・腕・手首・手指に様々な症状の原因となります。

脳からの指令が滞っていると、狭くなっている腱鞘も自力で修復できないのです。


■ 首の一点押しで、手首の痛みを治す。

上部頸椎の矯正が腱鞘炎にも有効なのは、肝心な脳からの指令が上部頸椎の矯正後に全身に行き渡ります。

腱鞘に限らず、腱鞘炎の原因となっている手指のゆがみや手首のゆがみも自然に整うからなのです。

ご自身の体をたてなおすのは、手首サポータとか痛み止めと筋弛緩剤では、その場しのぎにしかなりません。

腱鞘炎を治すのは、ご自身に内在する自然治癒力しかありません。

腱鞘炎の解消は、上部頸椎カイロプラクティックで !

 
     
 

ずっしりと重い
手と腕の痛み

腕の痛みの部位は肩関節痛・肘関節痛・手首関節痛に多い。

手と腕の痛みの仕組み